BALANCE BODY Nature Iidabashi

> > > 通勤・通学のときに試せる!「電車で立っていると腰が痛い」「座りたいけど満員電車で身動きもとれない」そんな時の超簡単対処法!

姿勢矯正コラム

2019.06.19更新

通勤・通学のときに試せる!「電車で立っていると腰が痛い」「座りたいけど満員電車で身動きもとれない」そんな時の超簡単対処法!

◎満員電車など、あまり身動きが取れない・立ちっ放しのときに使える対策 ◎あなたの腰痛のメカニズム ◎たった5分!お家でできるセルフメンテナンス!! について、日本一わかりやすくお伝えします。

症状の検索で最も多い”腰痛”

身体のどこかに痛みなどの不調を感じたとき、まずはじめにすること…

もちろん「検索」ですよね!
現代社会において、スマホを持っている人であれば、GoogleやYahoo!といった検索エンジンを利用する方がほとんど。

【肩 痛い 対処法】

こんな風に部位と症状を合わせて検索しているはずです。

では、そうやって検索されるものの中で、最も多い症状は何だかご存知でしょうか?

そう。
”腰痛”なんです。

腰痛患者数は日本人の4人に1人

厚生労働省のリサーチによれば、日本国内で腰痛に苦しむ患者数は…

2800万人

なんと日本人の4人に1人もいるんです!

症状別の検索数1位が”腰痛”になるのも、全く不思議ではありません。

事実、あなたも”腰痛”に関連する単語の組み合わせで検索し、今この記事を読んでいるはず!
テレビや雑誌といったメディアでは、「”腰痛”は国民病」とされるほど、”腰痛”に悩んでいる患者さんは多いのです。

今まさに、こんな感じでこの記事をご覧いただいている方いらっしゃいますよね。

ラッシュ時の満員電車って本当にきついですよね。
ギュウギュウに詰め込まれて、数十分立ちっぱなし。
事故や点検の影響で緊急停止、そのままず~っと動かず…なんて最悪…。
人身事故辺りは本当に勘弁してほしいところです。

では、そんなラッシュ時の満員電車で毎日通勤・通学されている方にお聞きします。

ずっと立っていると、だんだん腰が痛くなってきたりしませんか?

腰が痛くなってきたから座りたいけど、席は空かない。
ちょっと移動して身体を動かしたいけど、混んでて移動なんてできない。
降りる駅まで我慢するしかない…

こんなことありませんか?

実はあなたは反り腰…かも…

「あるある!」「毎日です!」という方…
だとしたら、あなたの腰は”反り腰”になっている可能性「大」です!

残念ながら、その”反り腰”を何とかしない限り、この電車で立っていると起こる腰痛は出続けてしまうでしょう…。

なぜなら、あなたの”腰痛”を作り出しているのは、その”反り腰”、つまり”姿勢”だからです。

”反り腰”が引き起こす”腰痛”のメカニズム

”反り腰”は、腰のカーブを作っている骨盤が前に倒れ過ぎてしまっているため(骨盤前傾)に、お尻を突き出したような恰好になってしまっている状態のことを言います。

その骨盤のすぐ上にある背骨の下から数えて1-5番目までの骨、これを腰椎と言いますが、この腰椎、もともとカーブしています。

ですが、”反り腰”で骨盤が前に倒れ過ぎてしまっていると、まっすぐ立とうとバランスをとるためにこの腰椎のカーブがきつくなってしまいます。

その結果、腰に負担がかかって痛みが出る。

これが、”反り腰”によって引き起こされる腰痛のメカニズムです。

電車で立っていると腰が痛くなる方は、なにも電車だけに限ったことではないはず。

長時間動かずに同じ場所で立っていれば、おそらくどこでも痛くなっているでしょう。

その状況になりやすいのが、満員電車なんですよね。

あなたは”反り腰”?10秒でわかるチェック法!

では、ご自分の腰の状態をチェックしましょう。
※電車内ではなく、壁があるところでチェックしてくださいね※

・壁に背を向けて立ちます
・かかとと壁の間は3-4センチ
・そのままお尻と肩甲骨を壁に付ける(あまりグーっと押し付けずに、触れるくらいでOK!)

以上!
めちゃくちゃ簡単!!

ではチェックしていきます。
その状態で立ったまま、横から手のひらを腰と壁の隙間に入れてみてください。

隙間はどのくらい空いていますか?

手のひら1枚がスッと入るくらいの隙間があるのが理想的。

え?

もっとスカスカですって?

握りこぶしが余裕で入ってしまうほど隙間がある?

そんな方は完全に”反り腰”です!

自分の骨盤が前傾なのか後傾なのか、”反り腰”なのか”受け腰”なのか、ご存知ない方ってけっこう多いんです。
しかし、今のチェックで自分の腰の状態がどうなっているのかがわかったはず!

特に!
電車で立っていると腰が痛くなると自覚されている方は、ほぼほぼ間違いなく”反り腰”だったのではないでしょうか。

そう、自分が”反り腰”であることを知るところからがスタートです。

では、そんな”反り腰”が引き起こしている腰痛、その対処法をご紹介しましょう。

超絶MAXボーボーに簡単!

それは…

『お尻の穴を締めて、下腹に少し力を入れる』

たったこれだけ!

え?どう力を入れて良いかわからない?

では、こちらはどうでしょう?

『お尻の穴を真下に向ける』

どちらも目的としていることは一緒です。
感覚的につかみやすい方を選んでみてください。

この動きを立ちっぱなしで腰が痛くなった時にぜひやってみてください。

やった瞬間から、痛みが和らぐのを感じていただけるはず。

何回か繰り返して慣れてきたら、痛くなる前にこの立ち方を意識してみてくださいね。

たった5分!お家でできる”反り腰”型腰痛に効果抜群のストレッチ&エクササイズ!!

ラッシュ時の電車の中でも簡単にできる腰痛対処法をお伝えしました…が!

これはあくまでも応急処置に過ぎません。

一時的に痛みが和らいでいるだけ。

あなたの腰痛が、完全に無くなったわけではないのです。

なぜなら、あなたの骨盤を歪め、腰痛を引き起こしている原因が改善したわけではないから。

そんなときに見てもらいたいのがこちらの動画です!

チャンネル登録者数80,000人を突破した、KENTAの師匠であるShojiさんによる【反り腰型腰痛に劇的に効くストレッチ&エクササイズ】です!

<

動画は15分ですが、ストレッチとエクササイズは慣れると5分ほどでできてしまうくらいに簡単ですよ!

騙されたと思って、まずは1週間!

まずは、動画↑↑↑のストレッチを1週間続けてみてください。

それでも全く腰の痛みに変化がないとしたら…

あなたの腰痛の原因はそこには無いのかもしれません。

例えば…
・反り腰ではない
・上半身に原因がある

などが考えられます。
なぜなら人の身体はそれぞれ違うから。
痛みを引き起こしている原因も、ひとりひとり違っています。

その原因をしっかりと見極めるためには”プロの眼”が必要なのです。

ドクターでも、鍼灸師でも、柔道整復師やマッサージセラピストでもかまいません。

不調が出ている患部だけでなく、全身のバランスを見ることができるプロフェッショナルの力を借りることで、あなたの腰痛は劇的に改善し、今までとは比べ物にならないほど楽に毎日を過ごせるようになります。

悪くなってからではなく、予防を心がけることが重要。

症状が悪化してしまってから対処したのでは、それだけ時間も費用も余計にかかってしまいます。
腰痛であれば、そのまま放置してヘルニアになってしまったという方も少なくありません。

ヘルニアで整形外科に行くと、ほぼ必ずと言っていいほど「手術しましょう」と言われるはず。
手術をした結果、全く腰痛に悩むことが無くなったという方をKENTAは知りません…。

大事なことは
【まだ余裕があるうちに、原因を取り除いて腰痛をやっつける】
【痛んでからではなく、痛まないように予防する】
です。

その予防のひとつとして、電車内での【お尻意識】とお家での【反り腰対策ストレッチ&エクササイズ】をBalance Body Natureからはオススメさせていただきます!!

Balance Body NatureのLINE@ができました!

こちらからオンラインカウンセリングやご予約をいつでもしていただくことが可能です。

『ここがつらいんだけど良くなる?』

『10年以上もこの症状に悩まされている…』

といった身体の不調に関する質問だけでもかまいません。

気軽にお尋ねください!!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ひとりでも多くの方に、身体に関する『正しい情報』『正しい知識』が伝わるよう、拡散・シェアをどうぞよろしくお願いいたします!

あなたのひとつのシェアが、誰かの笑顔になります♪

retop