BALANCE BODY Nature Iidabashi

BLOG

2018.01.08

肩こり解消の必須筋トレはこれ!超お手軽エクササイズ!

本日は成人の日。

ここ飯田橋でも、晴れ着姿の新成人がちらほら歩いていました。

午後から雨が降り出してしまいましたが、思い出に残るいい成人式にしてほしいものです。

 

雨どころではなく、大雪だった自分の成人式を懐かしく思い出した NAHO です。

 

さて、新しい年を迎え、気持ちも新たに目標を立てた方も多いことでしょう。

年代や性別に応じていろいろあるとは思いますが、”身体作り”を目標に掲げた方はいらっしゃいませんか?

筋トレしてたくましい身体を作る!

素敵な目標ですね(#^^#)

 

今ジムのトレーナーでも、テレビに出たり本を出したりと有名な方がたくさんいるので、そんな方々に憧れて、たくましくて美しい身体になりたいと思っている方が、男女ともにけっこういると思います。

出勤前にジムで鍛えている方もいるようですね。

 

皆さんどの辺の筋肉を鍛えているのでしょうか?

おそらく身体全体、トータル的にやっている方が多いとは思います。

 

でも、やっぱり身体の前側に付いている筋肉って、ついつい余計に鍛えたくなってしまうものだと思います。

だって、正面って、鏡で一番よく見える場所だから。

胸の筋肉とか、腹筋とか、鍛えたくなっちゃいますよね。

厚い胸板、割れた腹筋…

カッコイイですもんね~(#^^#)

 

でもちょっと待ってください!

厚い胸板に憧れて、胸筋を鍛えようとしているあなた!

普段肩こりがあったりしていませんか?

 

そんなあなたが胸筋を鍛えすぎてしまうと、どうなるでしょう?

ちょっと説明してきますね。

 

肩こりの原因は?

肩こりは不良姿勢が大きな原因です。

こんな姿勢でパソコン作業していませんか?

こんな姿勢でスマホ見ていませんか?

どの姿勢もこんな感じになっているんです。

頭が前に出てしまっていて、肩が内側に入り込み、背中が真ん丸。

この姿勢、胸の筋肉がギューっと縮こまった状態です。

逆に、背中の筋肉は伸ばされてしまっています。

 

肩こりは、縮こまった胸の筋肉が大きな原因の一つになっています。

 

筋トレで筋肉を鍛えるということは、鍛えた筋肉が「硬く縮こまる」ということです。

肩こりの人が胸の筋肉を鍛えるということは、

普段の不良姿勢のせいで、すでに硬く縮こまってしまっている胸筋を、筋トレで「さらに硬く縮こませる」ということです。

 

つまり…

〈〈肩こり悪化〉〉

ということなんです。

 

 

鍛えるべき筋肉は?

では、肩こりの方が鍛えるべき筋肉とは、どこなのでしょうか?

先ほど、肩こりさんの不良姿勢は、胸の筋肉がギューっと縮こまっていて、逆に背中の筋肉は伸ばされてしまっている、とお話しました。

常にこの状態です。

つまり、伸ばされてしまっている背中の筋肉は、弱くなってしまっています。

 

ですので、肩こりさんが鍛えるべき筋肉は…

背中の筋肉!!

 

 

超簡単エクササイズ

では、とっても簡単!ジムに通わなくてもできる!お手軽エクササイズをご紹介します。

 

 

【やり方】

①両手のひらを胸の前で合わせ合掌します。

②そこから腕を天井に向かって上げます。

③手のひらを外側に返して、肘を曲げながら腕を真横に降ろしていきます。

肘と肘を背中の後ろでくっつけるイメージです。

④胸を張るように意識して、5秒キープ。

⑤1~4を5回繰り返しましょう。

 

どうですか?

肩甲骨の間の辺りに力が入っている感じが実感できましたか?

それを感じられれば、しっかりと背中の筋肉が鍛えられている証拠です。

しっかりやれば、最初はたったの5回でも翌日筋肉痛になりますよ!

 

特別な道具も必要ありません!

ご自宅でたったの1分ぐらいでできます!

 

肩こりのある方は、まずは背中を鍛えましょう!

 

 

それでも厚い胸板が欲しい

それでもやっぱり胸筋を鍛えたいんです!

厚い胸板が欲しいんです!

たくましくなりたいんです!

 

わかりますよ~。その気持ち。

ですから、胸筋を鍛えてはいけません、とは私は言いません。

そんな方は、割合を考えましょう!

 

背中の筋肉はガッツリ鍛える!

胸筋はちょっと控えめに!

 

これで肩こり解消・肩こり予防も、厚い胸板も、両方バッチリですね(^^)v

 

 

”健康”や”ダイエット”の目標を立てた方は、こちらも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

retop